あらゆる気体の測定に 株式会社ガステック

一酸化炭素・二酸化炭素測定器 CMCD-200
ソフトウェアダウンロードページ

ドライバーソフトウェアのアンインストール

1 CMCD-200の電源が入っている状態で、CMCD-200をお客様のお持ちのパソコンとUSBケーブル(別売)で接続してください。 (接続後にCMCD-200の電源を入れても大丈夫です。)

2 デバイスマネージャーを表示します。

Windows 10の場合

2-1 スタートボタンを右クリック(タッチパネルの場合は長押し)し、「デバイスマネージャー」をクリックします。

Windows 8, 8.1の場合

2-1 デスクトップ画面でチャームを表示し、設定を選択します。

2-2

2-2 PC情報を選択します。

2-2 デバイスマネージャーをクリックします。

Windows 7, Vistaの場合

Windows 7の画面で案内していますが、Windows Vistaでも同様の操作が行えます。

2-1パソコンのスタートボタンをクリックした後「コンピューター」を右クリックし、プロパティをクリックしてください。

2-2 デバイスマネージャーをクリックします。

以降の操作は共通です。(Windows 7の画面で案内していますが、その他のOSでも同様の操作が行えます。)

3 ポートをダブルクリックし、CMCD-200を右クリックします。

4 削除をクリックします。

5 デバイスのアンインストールの確認画面で、「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する」にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。

6 ドライバーソフトウェアが削除されたことを確認し、デバイスマネージャーを閉じます。